アドセンス(Adsense)の申請に成功するための確実なブログの作り方

最近、Adsenseで稼ぐための記事をよく書いていたこともあってか(※1)、
Adsenseに関しての質問をよく頂いています。


その中で最近特によく頂く質問が、
「Adsenseの申請に通りません。」というものだったので、


今回は、この質問にお答えする形で、
「ここまでやればほぼ確実に申請に通るだろう」という

Adsenseの申請に成功するための具体的な作業内容をお話しします。




(※1)

最近書いていたAdsense関連の記事はこちらです。

・AdSenseで稼ぐための、あなたのブログに最適な貼り付け方がわかる方法
http://chuusuke.seesaa.net/article/96731906.html
・Adsenseで稼げる人に一瞬で変身できる、グーグルアドセンスの大原則
http://chuusuke.seesaa.net/article/96389880.html
・Google Adsense(アドセンス)を各記事の末尾に挿入して表示させる方法
http://chuusuke.seesaa.net/article/95947734.html




※ 注意 ※

今回の方法は、あくまで新規に申請される場合に有効な方法です。

AdsenseのIDを剥奪された方向けの方法ではありませんので、
あらかじめご了承下さい。




◆ 


以前、

Adsenseで稼げる人に一瞬で変身できる、グーグルアドセンスの大原則
http://chuusuke.seesaa.net/article/96389880.html

という記事の中で、

「Google Adsenseで実際に稼ぎたいのであれば、
 必ず知っておかなくてはならない原則」
の1つに


・AdWords広告を出した人が、「やられると嫌なこと」を考える


ということをお話ししました。


今回お話しする「Adsenseの申請に成功するための方法」は、


ぶっちゃければ、
上記の一行について考えるだけで自然とできるようになります。




  何回も言いますけども、Adsenseに関しては、
  「Adsenseで稼げる人に一瞬で変身できる〜」の記事で
  お話しした原則さえちゃんと理解していれば、
  
  
  「Adsenseで稼げるようになるにはどうしたらいいのか?」
  「Adsenseを貼り付ける上で、なにをやったらIDが削除されるのか?」なんてのは、
  
  
  わざわざ商材を買わなくても、わかります。
  
  
  
  大物といわれるアフィリエイターさんたちの言葉を信じて
  商材を購入するのは、あなたの勝手ですけど、
  
  
  最低限、学ぶための商材を購入したなら、残りの
  「稼ぐための軍資金」はもっと別のことに使うべきです。

  
  
  
  あくまでも私の経験談ですが、
  
  「買って解決させよう」とばかり考えているうちは、
  決して「売れる人間」にはなれませんから。




では、ここから今回のメインテーマである
「Adsenseの申請を成功させる」ために特化して
詳しくお話ししていきますね。








先程お話ししたとおり、Adsenseを申請する上で大切なことは


申請する時のブログやサイトには、
Google AdWordsに出稿している広告主さんが嫌がることをしない


ということです。


単純に「しない」といっても、具体的に
「何をやってはいけないのか」がわからないかもしれませんので、

ここで思いつく限り例を挙げておきます。




★ やってはいけないこと、その1



まずは、

・アフィリエイトリンクを貼り付ける

これは、AdWordsに出稿している広告主さんだけでなく、
Google Adsense側も、非常に嫌います。



こんなことをされると、Google Adsense側とすれば、

「ここのブログ(サイト)は、あくまアフィリエイトがメインで、
 Adsenseは、単なる脇役でしかないんだな」


と判断されます。


極端に言ってしまえば、

「単なるブログのコンテンツの1つとしてしか
 Adsenseを利用するつもりがないんだな」


と思われているかもしれません。



Adsenseで稼げる人に一瞬で変身できる、グーグルアドセンスの大原則
http://chuusuke.seesaa.net/article/96389880.html

でもお話ししていますが、



Adsenseを、単にブログやサイトの「見た目を充実させるため」
利用させることを認めてしまうと、それはすなわち


Adsenseが「勘違いクリック」に利用されてしまうことを
容認することになります


(たとえあなたにそのつもりがなくても、です。)


そういうブログやサイトを容認してしまうと、結果的には
AdWordsに出稿してくださった広告主さんが損してしまいます



なので、あらかじめそうならないように、Google側であらかじめ
こういったブログやサイトは申請の時点で排除するようにしている、というわけです。




★ やってはいけないこと、その2



その1と同じく、よく注意されるのが

・コンテンツが少ない。記事が少ない状態で申請する


これも、AdWordsに出稿している広告主さん、
Google Adsenseともに、非常に嫌がります。



これがダメな理由も、以前に

AdSenseで稼ぐための、あなたのブログに最適な貼り付け方がわかる方法
http://chuusuke.seesaa.net/article/96731906.html

という記事の中でいくつか詳しくお話ししているのですが


重要なのはたった1つのシンプルな理由です。



ずばり言ってしまうと、

・記事(コンテンツ)の文章量が少ない
・記事(コンテンツ)の数自体が少ない

というようなブログやサイトに、


「Adsenseの広告に興味を持ってくれるようなアクセスが
 一体どれだけ来るというのか?」



ということです。



これも、AdWordsに出稿された広告表示する、という
Adsenseの仕組みを考えれば、おのずずとわかることなんですけど


Google Adsenseが、Adsenseの貼り付けを申請してきた
ブログやサイトのどこをみるかというと、


「今後そのブログ(サイト)に、
 Adsense自体に興味を持ってクリックするようなアクセスが集まるか」



これだけなんです。



どう見ても将来的に、アクセスが集まらないような
ブログやサイトにAdsenseを貼り付けたって、

Googleにとっては何の収益にもならないじゃないですか(汗)




勘違いしていただきたくないのは、

「アクセスが今の時点でそれなりに集まってる」
ことを求めてるのではないのです。




私が申請して、それが通った時のブログなんて、
一日10アクセスあるかないかのブログでしたから(笑)


(そもそも、最初からアクセス数を求めすぎていたら、
 Adsenseの表示機会自体が減ってしまい、
 AdWordsによるGoogleの収益自体相当減ってしまいますからね。)


単に、今後ちょっとでもいいから、Adsenseをクリックする可能性のある、
「まっとうなアクセスを集めてくれそうか」


Google Adsense側がみているのは
この1点だけといっても過言じゃないと思います。




ダメな理由はもう一つあります。
これも、さっきご紹介した記事にてお話ししたのですが


Adsenseで表示される広告というのは、
「そのページの文章の内容」を元に決められます。


文章というのは、この場合ほとんどが
コンテンツの中身(サイトの文章、ブログの記事)に当たりますから、


・記事(コンテンツ)の文章量が少ない
・記事(コンテンツ)の数自体が少ない

といった場合、
Google Adsenseで表示される内容は限られてきますよね。



ページ数が少ない、もしくは
1ページあたりの文章量が少ないブログやサイトに、

ただでさえ「同じ広告」ばかりが表示されるページ


そんなブログやサイトに、今後
「Adsenseをクリックしてくれる可能性のあるアクセス」が
継続して見込めると思いますか?




普通に考えて、無理でしょ?(苦笑)




また、Adsenseを表示するプログラム自体、
何らかの形で日々メンテナンスも行われてるはずです。


ただでさえ膨大なサイトやブログに対応した表示ができるようにしている中で、
アクセスの質が薄いようなブログやサイトが今更追加されても、

単にメンテナンスの邪魔にしかなりませんよね?





◆ Adsenseの申請を通過するための究極のブログの作り方


ここまではひとまず
「Adsenseの申請に用いるブログやサイトでやってはいけないこと」
について、2点ほどお話ししました。


この二つについては、Googleにとって明らかに
損害になることが見えていることもあり


また、無料レポートでも、
「やらないように」と注意されていますから、

すでにご存じであったかもしれません。


ただ、無料レポートなどを読んでみると、
その1とその2しか書いてないレポートが意外と多いです(苦笑)


たしかに少し前であれば、この二つさえやらなければ大丈夫でしたので
昔の無料レポートなどの場合は仕方ないのですが、

さすがに最近は、その1とその2だけに気をつけていても
Adsenseの申請に成功する確率は低いです。



言い換えれば、それだけGoogle Adsense側で、


申請されてきたブログやサイトに対して
「AdWordsに出稿している広告主さんが嫌がることをしないか?」
を、より厳しくチェックするようになった


と言っていいでしょう。




というわけで、ここからは具体的に
「Adsenseの申請に通過するためのブログの作り方」
をお話ししていきますが、



これには、今までにお話しした二つの「やってはいけないこと」に加えて
後もう一点、あることに気をつけて記事を作成していけばOKです。



その、「あること」とは


・Adsenseの申請に用いるブログには、外部リンクを一切貼り付けない


これだけです。



やってはいけないことその1で、
「アフィリエイトリンクを貼り付けることはダメ」と言いましたが、

この際、アフィリエイトリンクに限らず、


・他のブログへのリンク
・Yahoo!やGooなどの、ポータルサイトのニュースへのリンク
・テレビ局などへのリンク

といった、
「そのブログやサイトから出て行ってしまうようなリンク」は、

Adsenseを申請するのに利用するブログやサイトには
一切貼らないでおきましょう。




これは、冗談でもなく本気で言いますが、

「Adsenseの申請に利用するブログは、全部自分で考えた文章で書く」

これぐらいの気持ちでブログを作ってください。




「Adsenseの申請に通らないのですが」という相談をされる際、
実際にブログも見せてもらったのですが、

それらのブログは


・ドラマの感想ブログで、ドラマの放映局へのリンクが貼ってあったり

・映画の感想ブログで、映画の公式サイトへのリンクが貼ってあったり、

・ゲームの攻略ブログで、ゲーム会社へのリンクが張ってあったり



といった感じで、まず間違いなく
何らかの形で外部リンクが記事中に貼ってありました。




これらは一見、ここまでで何回もお話ししている

・AdWordsに出稿している広告主さんが嫌がることをしない

という、Adsenseにおける大原則に反していないように見えますが、



相当長い目でみると、、、
ちゃっかり反してしまっているんです。


たとえば先程挙げた「Adsenseの申請が通らなかったブログ」の1つに

・ドラマの感想ブログで、ドラマの放映局へのリンクが貼ってあった

というブログがありましたが、このブログは主に

・まず公式サイトを紹介
・記事の内容は感想に終始


といった構成でした。



結論から言えば、この二つの特徴だけだと、

Adsenseの申請はまず間違いなく通らないです。



なぜなら、この形式のブログだと
アクセスが、ドラマの公式サイトに流れるから。



極端に言ってしまえば、このブログは
単なる「ドラマの公式サイトへの誘導ブログ」と判断されてたんです。



単なる誘導ブログに、
「Adsenseをクリックしてもらえるアクセスを集める」ことなんて

到底期待できませんよね。



たとえ、その感想ブログ自体がとてつもなくおもしろくて
「そのブログじゃないと読めない文章ばかりだ!」という物でも、

そうなればますます、そのブログでは
ドラマのおもしろさ自体を伝える形となり、


ドラマの公式サイトにより強力にアクセスを流し込む結果になりますから。



そもそも、アクセスを他に流される時点でもう、
「Adsenseをクリックしてもらえるアクセス」なんて期待できませんしね。



というわけで、これを解消するためにも、

Adsenseを申請する際のブログには、
世間一般で言われていることに加えて


・外部リンクは一切貼り付けない


これを心がけてください。




よく巷では、

「一記事あたりの文字数が数百字あればいい」とか
「最低10記事は書かないと」とか

言われていますし、実際、
記事の文字数や記事数に気をつけることも正しいのですが、


私の経験上、外部リンクを一切貼り付けない方が効果的です。





私の場合は、当時よく遊んでいたオンラインRPGについてブログを作り、
そこに100〜200字程度の記事を5つぐらい書いてから、

アドセンスを申請したら、一発で許可下りました。



その時のポイントとしては、

・オンラインRPGについて、一切紹介しなかったこと。
・ゲーム内の画像を多く使って、とにかく自分だけが書ける内容にしたこと
・友人のブログも一切紹介しなかったこと
・人気ブログランキングのリンクも貼り付けなかったこと


これだけです。



とにかく、

「そのブログから他のサイトに飛ばせないようにした」

これだけ心がけてブログを作りました。




さらっと書きましたが、4つ目の

・人気ブログランキングのリンクも貼り付けなかったこと

これ、申請するブログでやらかしてる人、意外と多いです。



人気ブログランキングへのリンクは
「投票のためのリンク」だからいいんじゃないか?

と思われるかもしれませんが、

あれの真の姿は、
「人気ブログランキングというサイトへのアクセス誘導」
ですからね。

Google Adsense側からすれば、立派なアクセス誘導になります。




また、2つ目の

・とにかく自分だけが書ける内容にしたこと

についても、


「書くことがない・・」なんて言う人がいますが、
これは、特に難しく考えないでください(笑)



本当に、それが「あなたが書いたことであれば」
書いた文章の内容は何でもいいです(笑)



日記でもいいですし、あなたの思ったエッセイなんかでもいいですし
(日記の場合は、心持ち長く引き延ばして書くといいです)

ボリュームさえあれば、単なる「詩」でもいいです。


とにかく、あなただけの文章を書くこと。


ノウハウとか、ためになるとか
そういうのは一切気にしなくていいです。





あと、気をつけてもらいたいのが


投稿の日付などを調整してでもいいので、
とにかく「毎日連続して投稿しておくこと。」


一日に10記事、とか投稿したってダメですよ(苦笑)








以上、Adsenseの申請に通過するためのブログの書き方について
Adsenseの本質も含めて、かなり詰め込んでお話ししました。


ぶっちゃけた話、今回お話しした通りにブログを作ってくだされば、


アダルトやビジネス色ばりばりのブログでもない限り、
申請には通過できるはずです。




私がお話しした通りで、万一ダメだった場合でも、
その時は、これまで何回もお話しした


・AdWords広告を出した人が、「やられると嫌なこと」


を、今までよりも厳しく考えてみてください。


そうすればおのずと、
どういうブログを作って申請すればいいか、わかるはずです。





そして、最後にお話ししておきますが、
無事、Adsenseの申請が通過しても、

このブログには今後も、
外部リンクの類はなるべく貼らない方がいいです。



アフィリエイトブログなど運営しつつ、Adsenseで稼ぎたいのなら、
新たに別のブログを立ち上げることを強くオススメします




以上を参考にして、Adsenseへの第一歩を無事に歩き出してくださいね♪







私のブログでかかれてる方法以外にもにも、
ネットの世界にはいろんな稼ぎ方があります。

別の稼ぎ方も見る「人気ブログランキング」

ここから「あなたご自身にあった稼ぎ方」を見つけてくださると
私にとってこれ以上の喜びはありません。






この記事へのコメント
コメントを書く

※ ご質問・ご意見・ご感想など、ちゃんとしたコメントに関しては、
  内容に応じてより詳しい説明と一緒に、必ずお返事差し上げます。

※ 宣伝のみのコメントや、ツールによる無差別的なものと判断したコメントは
  発見次第削除いたします。ご了承下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。